戦国無双~武士たちの関ケ原~の漫画を読み返したので少し感想

 

1年前くらい前に発売された『戦国無双』の漫画を
久しぶりに読み返してみました。

 

スポンサーリンク

 

『戦国無双』の漫画

 

1435387354588.jpg

 

久しぶりに読み返したけど、めちゃくちゃ面白い!

月刊少年マガジン+(だっけ?w)で連載してるとき、
戦国無双の漫画を読むためだけにコンビニ行ってました(笑)

正直言うと絵柄が好みじゃなかったので、
単行本の購入はどうしようかなーって思ってたんですけど、
コンビニでチラッと見たら思いのほか見入ってしまい…w

結局、初版限定の付録が付いてくるっていうのもあって
発売直後にホイホイ釣られて買ってしまいましたw

タイトルのとおり関ヶ原のお話しで、
漫画のイラストは鳴海聖二郎さん。

単行本には石田三成と伊達政宗と真田幸村、
それぞれのストーリーが1本ずつはいっていて
1話が結構なボリュームがあります。

基本的にゲームと同じなので、
「あ、これ同じセリフ(シーン)だ」っていうのが多いので、
脳内で音声再生しながら読みましたねw

「実は裏でこんなことしてた!」とか
「こういう会話があったり…」みたいな、

ゲームでは描かれていないシーンもあって、
よりキャラクターが魅力的に見えました。

とくにね!石田三成!
西軍派なのでもともと大好きなキャラでもあったんですけど、
漫画を読むとめちゃくちゃ好きになります!!

さっき言ったような裏話的なのが多いっていうか、
ゲームではいわゆるツンデレな発言で終わってるのですが、
漫画ではその先が描かれているのです。

“こういう考えがあっての発言・態度”
っていうのがわかるともどかしくてもどかしくて…!

「清正わかってあげてー!!」っていう気持ちと、
「なぜそこで言わない!?」っていう気持ちでウズウズ…w

 

スポンサーリンク

 

そして、なんといっても石田三成の幼少期がみれる!!!

石田三成といえば、
豊臣秀吉との出会いのシーンでの気配りが有名ですよね。

そうです!あの『三献の茶』です!
このシーンが漫画では見れるのです!

一杯目は、大ぶりの茶碗にぬるめの茶。
二杯目は、少し小さい茶碗にやや熱めの茶。
三杯目は、小ぶりの茶碗に熱い茶。

喉の渇いている秀吉に、
一杯目は飲みやすい温めの茶をたっぷり出しで、
渇きが癒えた後に熱い茶を味わってもらう。

……っていう逸話です。

ゲームでは真田兄弟だけだったので、
かなり貴重な石田三成だと思います!!

んで、気になるひとも多いと思うのでチラッとお見せします。

 

1435387367684.jpg

 

めちゃくちゃ可愛い。

公式で「きれいな顔」って言われてるだけあって、
小さいころから美人さんなのね……納得です。
こんなに可愛いのに成長すると「クズが!」ですからね。

\ありがとうございます!!!/

よく見てください、右下のコマ。
貴重な石田三成の上目づかいですよ。

無双の男性陣のなかでは背が低い方なので、
もしかしたら左近とか吉継とか清正と話すとき、
こんな上目づかいをしているのでしょうか。(ただの妄想)
左近や吉継はこんな表情を見ているのでしょうか。(ただの妄想)
そりゃあこんなふうに頼りなく見つめられたら
私なら支えたくなっちゃいます。(ただの妄想)

はじめはどうしても絵柄がなーって思ってましたが、
実際に読み進めているうちになれるもんですね。

『戦国無双4‐Ⅱ』の加藤清正のビジュアルもなれましたしw
あの衝撃はいまだに忘れませんがね……w

↓気になる方はチェックしてみてくださいね。

【アマゾン】戦国無双~武士たちの関ケ原~

【楽天】戦国無双~武士たちの関ケ原~

 

スポンサーリンク