『戦国無双4 Empires』モード・システムが公開!!②

 

『戦国無双4 Empires』モード・システムが公開されました!!
やっとゲーム内容の詳細が公開されたので、ひとつずつ見ていきます!
前回の続きになります。
『戦国無双4 Empires』モード・システムが公開!!①

 

スポンサーリンク

 

居城内政

 

b12.jpg

 

“武将のスキルや武将同士の組み合わせなど、
適材適所で人材を使いこなすことが攻略のカギとなる”

……ふむ?なんだかとっても面倒臭そう。
3エンパよりシステムが増えてるので複雑に見えちゃいます;

「つまりどういうこっちゃ?」
「誰か簡単にまとめてくれ」
ってことで自分のために自己流でまとめてみます。

 

↓合戦によって支配地域が増えるとコレが…

13.jpg

 

↓こんな感じで大規模な居城を建築できるようになる。

b12.jpg

/でかっ!!\

 

部屋ごとに「開発」や「人事」などがあって、
配置することで奉行に任命するのだそう。

つまり、居城が進化すると部屋の数が増えて、
奉行に任命できる人数や提案のバリエーションが広がるので、
内政が格段に有利になるってことですね!

居城の進化には分岐があって、
「開発」の部屋が増える開発型居城や、
「軍備」の部屋が多い軍事型居城など、
プレイスタイルも自分好みに変化できるそうです。

開発?軍備?よくわからんが、ここまでは何とか把握できたぞ!
ざっくりと居城内政について理解できたので、細かくわけて理解をしていきます。

 

奉行任命

 

“2人の武将を「開発」や「人事」などの部屋に配置することで奉行に任命。”
ほかの画像を見てみると3人いる部屋もいますが……何の部屋ですかね?

 

01.jpg

 

そしてさっき少しだけ出てきた「開発」と「軍備」。

開発なら「石高」や「商業」、人事なら「忠誠」といった基本国力を、
奉行が毎ターン上昇させてくれるそうです。

戦ムソ3エンパで言ったら、
毎ターン畑や建物のレベルがあがって、
幸福や治安が上昇する感じですかね?

 

武将相性

 

02.jpg

 

同じ部屋に配置する武将の相性や人間関係によって内政効果が変化するようです。

石田三成と徳川家康を同じ部屋にしたら効果が薄く、
加藤清正とねねを同じ部屋にしたら効果が大きい、
ってことで理解してもいいでしょうか?w

 

提案

 

奉行に任命した武将から、さまざまな政略コマンドが提案される。

 

03.jpg

 

「軍備」に任命した武将からは合戦を有利にする提案や、
「交渉」奉行の提案により同盟国の「援軍」をうけたり、
「計略」奉行の提案で敵国に損害を与えたり……。

なかなか面白そう!
ゲーム進行とともに取れる戦略が増加するのでやりがいもありそうです。

 

スポンサーリンク

 

個別提案

 

04.jpg

 

特定の武将のみが提案する政略コマンドのことですが、
3エンパでも似たようなのありましたよね。

今回も武将集めをしなくては…!

 

軍団編成

 

出陣武将や、持っていく兵糧を決定して合戦!

 

05.jpg

 

今回の出陣武将の兵力の最大値は、
「足軽頭」や「軍師」といった身分によって決まるそうですね。

あれ、3エンパはどうだったっけ?
兵力アップ的な建物を建てるだけでいいんだっけ?

兵糧の数が多いほど合戦の制限時間が長いらしいですが、
そんなに気にしなくてもいいシステムのような…。

戦3エンパだと10分とかだっけ?むむむ、思い出せない。

 

政略と合戦の結びつき

 

b13.jpg

 

内政と合戦の結びつきを強化されてるっぽいので、
居城内政でしっかりと準備するほど合戦が有利になるとのこと。

右上のマップ全体にうつってる
線みたいなのが復活したっていう「兵站線バトル」ですね!
エンパは3しかやったことないので楽しみです!

 

特産

 

08.jpg

 

特産のある城を支配することで、それぞれの特産にちなんだ、
さまざまな政略コマンドや戦場策が実行できるようになる。

…って説明されてるのですが、特産のある城とは一体。
合戦で相手に攻め込んだときに、相手の城に特産があったら~ってことですかね?
この辺はまあプレイしたら分かるからいっかw
そんなこといったら全部そうなっちゃうんですけどw

結構情報が公開されたのでめちゃくちゃ長くなってしまいました!;
なんとなくゲームの内容が理解できたからこれでよし!(笑)

初回封入特典の予約状況も更新されていましたが、
まだランクあがってませんね。次のランクまであと少し!
っていうか発売まであと2か月!予約しなきゃー!

 

『戦国無双4 Empires』公式HP

 

スポンサーリンク