【大河真田丸3話】信之兄ちゃんが可愛そうになってくる件

 

2016年1月24日放送の大河ドラマ『真田丸/第3回「策略」』の感想です。ストーリーの内容というよりは、ゲーム『戦国無双』とマッチさせてただただ妄想しているだけです。興奮してセリフ・ストーリーともに脳内補正かかってる可能性大なので間違っててもスルーしてくださいまし( ˘ω˘ )

 

スポンサーリンク

 

第3回「策略」あらすじ

 

真田昌幸(幸村の父)が真田家の生き残りをかけ、信之(幸村の兄)に命じて上杉家に密書を送ります。しかし、その動きを室賀正武の忍びが偵察していました。幸村は、地侍の娘・梅(幸村の初恋相手)に加勢するため、きり(幸村の幼馴染)とともに室賀の領民たちとの争いに巻き込まれます。一方、高遠城に乗り込んだ徳川家康と本多正信、本多忠勝らのもとに、意外な人物が表れます。

 

純粋な感想

 

とにかく新キャストが多かったですねぇ。
記憶力ないので一週間後には誰が誰だかわからなくなりそうです(´‐`)

幸村の幼馴染・きりと、幸村の初恋相手・梅がやっと登場!どんな人物なのか気になっていたので「待ってました!」って感じです!幸村ときりと梅のシーンは本当に面白かったです(笑)梅に渡してほしいと箱にいれられた“くし”を幼馴染のきりに頼む幸村。「女のひとにくしをあげたら喜ぶって言った」「そんなこと言ったっけ?」っていうやりとりをしてるシーンでは思わす声を出して笑ってしまいました(笑)幸村のお願いをはじめは断るけども、布に包まれた“くし”を幸村にもらって「一緒についてってあげる」と。梅を前にして「今度渡す」と言い出す幸村の手から強引に箱を奪って「お土産だって」と梅に渡すきり。箱を開けるときりがもらった“くし”に比べて豪華で高級そ~な“くし”。目に見えてわかる好きな人と幼馴染のこの差!!(笑)

青春ドラマ見てるみたいでほんとニヤニヤしちゃったよ!!

梅は一見おとなしそうなタイプなのですが、実は争いの渦中に乗り込むパワフルさを持っています。そんな梅にも幸村は惹かれているようですね。っていうか梅の兄が「お前(幸村)のこと梅が待ってた」みたいなこと言ってたので両片思いっぽいです。一方、きりは梅に思いを寄せる幸村に歯がゆさを感じながらも一歩引いて幸村を支えていてううううああああ……!この三角関係にニヤニヤが止まらん!

え、本編?次回幸村が織田と対面するっぽいよ(適当)

 

無双から見る大河

 

47_3

 

(※セリフ・ストーリーともに脳内補正かかってますので注意。)

今回は恋模様がかなり見どころだったのですが、兄・信之の苦悩も見どころでした!見ていて可愛そうに思えるくらいお兄ちゃんの苦労さといいますか、悔しい思いといいますか、それでもやっぱり優しいお兄ちゃんがもう…!もう…!!たまらない!!!!!!

真田家を守るためにあらゆる手段を模索して策を講じる昌幸お父さんなんだけど、狡猾な言動が時に家族をも翻弄するんです。

上杉家に密書を送る途中に襲われて、一緒にいた忍びの佐助に書状を渡すけど、佐助が書状を落として拾うときに背後をバッサリやられて倒れてしまいます。口からは血が流れて……。無双で定番の「幸村ああああ!」のように「佐助ええええ!」です。密書を届けるというのを失敗してしまったこと、佐助がやられてしまったこと、責任感の強い信之はその事実を伝え、腹を切ると宣言までします。

…が!!実は密書を届ける命をしたのも、届ける最中に襲われたのも、ぜんぶお父さんの策でした!佐助も生きてる!ピンピンしてる!まるで「ドッキリ大成功~!☆」とでもいうかのように軽く言うもんだから、思わず言葉を失うお兄ちゃん。死んだと思っていた佐助が生きてたこと、策だったことに安心したけどどこか納得いかないような腑に落ちないこの感じ。策だとしても親に騙され、まんまとひっかかるわで振り回されっぱなしです。怒り?悔しさ?情けなさ?とにかく言葉じゃ表現できない気持ちがこみ上げてくるなか、それを床にこぶしを押し付けてこらえる信之。幸村にこのことを話そうとするものの「そんなことより大事なことが」と話をさえぎられるし、、、

もっとお兄ちゃんに優しくしてあげてよう!!!

大事なことというのは、ざっくりいうと「幸村の姉の旦那の上司が寝返ったせいで真田家に顔を出せなくなった旦那さんを保護した幸村がなんとか昌幸に許してもらえるよう兄上から頼んでもらえないか」という話。あんなことがあった信之からしたら「俺を買い被りすぎるな!」と言いたくなります。「この事実を知ってしまった以上、腹を切れ。自分で切れないなら俺が斬る」と言っていた信之ですが、「今日はいろいろあってもう疲れた」と、「昼まで寝て、父上に会うのはそれからにしよう(=それまでに逃げろ)」と。

お兄ちゃん……!!!

なんでこんなにかっこいいの…!!!?

そして織田のところにいくのは幸村、信之は家に残れと昌幸。もし自分(昌幸)と幸村に何かあったとき、真田家を守るのは、真田家を率いるのはお前(信之)だと。この言葉にお兄ちゃんはドッキリの件は水に流すみたいです。いつまでもクヨクヨできないもんね!第1回から幸村と昌幸に終始お兄ちゃん振り回されっぱなしで苦労人だけど、たくましくて優しくて惚れ惚れするよおおお!!

幸村の兄上の目にかわってみてきます発言に萌え死んだ…。真田兄弟まじ可愛い。こんな仲の良い可愛い兄弟が最後は……って考えるともう泣きそうになるううわあああん!!!

だいぶ妄想がぶっとんでる気がしないでもないのでもう一度見直します。あ、あとセリフも今度描きなおします_(:3 」∠ )_

 

スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA