【名古屋城】本屋(書店)の参考資料まとめ

 

名古屋城にて展示されている本屋(書物)の資料まとめです。
戦国もの、和テイストのもの、書物が描きたいときに、参考資料としてどうぞ!

 

スポンサーリンク

 

本屋(書店)の資料

 

IMG_0645

 

※すみません、ぼやけてますね。書いておきます。

本屋

江戸、京都、大坂につぐ出版活動が行われていたが、なかでも風月孫助(風月堂)永楽屋東四郎(東壁堂)が名古屋の本屋(書店)として知られる。江戸時代後期には、江戸の大店(おおだな)と肩を並べる程の規模となっていた。
「古事記伝」(本居宣長著)や「北斎漫画」(葛飾北斎著)などの刊行が、その隆盛を物語っている。

 

無双の毛利元就とか小早川隆景とかにぴったりでときめく。
今更だけど本を横にして置いてあるんですね。
探しづらくないのかな?どうやってわけてるんだろう?

今回もなんちゃって戦国時代(笑)のイラストや小説の制作に役立つと思ったので、たくさん写真を撮ってきました。

名古屋城に何しに行ったんだろうって帰ってきてから考えると、ほんとにただの資料集めだったよ…(^ω^)

ガンガン参考資料に使ってもらえたら、私の行動がムダにならないので喜びます…!

 

※クリックで画像拡大するよ!

※一部ぼやけてます。本当に申し訳ないです…!

 

IMG_0646 IMG_0643 IMG_0642 IMG_0650 IMG_0649 IMG_0647 IMG_0648

 

以上ですー!

暗くて見ずらくて申し訳ないです;
そして今回もぼやけてるのが数枚…!!
人が多くて急いでたらこのざまです……(´;ω;`)

 

スポンサーリンク

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください